丸山和訓 × Blog

丸山和訓のブログ

ミニマリストは儲け話に弱いから情報商材を買ってしまう

会社の業績はあがらない。給料はあがらない。ボーナスは出ない。有給は取れない。こんなんじゃあ、会社に勤めても先行き不安になる。

そこで、ミニマリストというライフスタイルを知る。欲しいモノを制限し、拡大思考をやめ、コンパクトに暮らす発想に共感する。モノが少ないと快適に過ごせるので、「おお!これはいいかも!」となるのだが、経済的な不安感は払拭しきれない。

断言しよう。ミニマリストになって「モノがなくても幸せ!」と叫んでいる人は、モノに執着している。「もっとお金があればいいのに」という思いを、ムリヤリに蓋をしている。

それを証拠に、儲け話があるとホイホイとついていってしまう。前澤さんの10億円企画をリツイートしてしまうような人の一部が、数万円もするYouTubeの教科書を買ってしまう。「会わせたい人がいるんだ。この人めっちゃ稼いでいて普通は会えないような人なんだよ」と言われて、怪しさを感じながらも会ってしまう。

先行き不安な今、お金を稼ぐことに僕は反対しない。 ただ、「稼げる方法」を買ってはいけない。誰かがあなたを稼がせるメリットなんてないのだから。FXの自動売買ツールも仮想通貨もやめよう。一瞬稼げたとしても、いつか暴落するのだから。(お金がある人は投資してもいいけれど)

残念ながら、「誰だって簡単に稼げる世界」に僕たちは住んでいない。稼いでいる人は頭がよく(学問ができるという意味ではない)、自分で考えて、自分で行動した人だ。情報商材を買った人ではない。

ミニマリストになって快適な暮らしを手に入れたら、目の前の仕事を着実にやり、目の前の人を幸せにし、それでスキルを高めていくしかない。本をたくさん読み、知識と教養を身につけて、まわりの人があなたと付き合う旨みを作ろう。

こんなしょうもないアドバイスで申し訳ない。あなたを稼がせることはできないが、数万円のムダな支出を抑えることにつながれば幸いである。

僕と一緒に、しょぼくても笑顔で生きよう。

プライバシーポリシー
© 2014 - 2019 丸山和訓