丸山和訓 × Blog

丸山和訓のブログ

ミニマリストには玄米が向いていない

僕は子供の頃から消化が弱い。これは自律神経の働きが弱いためで、ストレスに悩むミニマリストには同じような人が多いと思っている。

偏見で申し訳ないのだが、ここからは偏見をベースに書いていく。これ以降を読み進めるミニマリストが意外と多いと踏んでいるが。

玄米は白米よりも豊富な栄養素を含む。ただし、玄米を食べるには消化力が必要であって、せっかくの栄養素も吸収できなければ意味がない。玄米食にすることでお通じが滞る人もいる。

その欠点を補う食べ方として、玄米クリームがある。簡単に言えば玄米をお粥のようにふやかして食べるのだが、「そこまでしたくない」というのが個人的な感想である。

最近は玄米専用の炊飯器もあり、食べやすくなっているのかもしれない。けれど、素朴な質問なんだが、「白米を単にエネルギー源ととらえて微量栄養素は他の食品から摂取する」というのはいけないのだろうか。

苦労や工夫をしながら玄米にこだわるよりも、無洗米にして天然成分に近いサプリメントを摂取したほうが手早いと考えている。

別に僕は玄米食を否定しているわけではない。ただし、「ミニマリストは玄米」という固定概念があることで、他の方法に気づかないことがあるのを指摘しておきたい。また、どんなに栄養素が豊富でも、「吸収」という観点を忘れてはいけないことも、世間の常識だが念押ししておきたい。

ミニマリストの末永き健康を祈念しております。食べ物についてはミニマリズムを当てはめないほうがよろしいかと。

プライバシーポリシー
© 2014 - 2019 丸山和訓