丸山和訓 × Blog

丸山和訓のブログ

メメント・モリ

僕は、死ぬのが怖い。

自分はいずれ死ぬ。それを知った幼少の頃からずっと、死ぬのが怖くてたまらない。比べたことはないが、そのやり場のない苦しみは他の人よりも深いほうだと思う。子供の頃はよく夜中に目が覚めて、頭をかきむしるほどだった。

メメント・モリ。ラテン語で「自分が死ぬことを忘れるな」という意味だ。毎日を悔いのないように過ごすための前向きな格言としている人もいるが、僕はその言葉に思わず目を背ける。

今日が人生最後だったら、今日やろうとしていることは本当にやりたいことだろうか。スティーブ・ジョブズは自分自身にそう問い続けた。僕は自分の好きなことを仕事にしている。だから、ジョブズの問いに対しての答えはイエスだ。でも、堂々と胸を張って言えるほどに僕は死を受け入れられていない。

好きなことをやれば人生は幸せか。そんなことはない。お金が足りなければ苦しいし、評判を気にしてヤキモキするし、誰かの愛情を確認し続けないと不安になる。

どうやったら人生の苦しみから解放されるか。歳を重ねるごとに僕のなかでそのテーマは色濃くなってきて、自然とヨガに引き寄せられた。ヨガはモークシャー、すなわち解放を目指すものだから、僕にとって最適である。

僕はそんな目的でヨガをしている。「なりたい自分」とか「本当の自分」とか、キラキラしたものではない。苦しくて苦しくてしょうがないからヨガをやる。ドロドロと取り組むのだ。

プライバシーポリシー
© 2014 - 2019 丸山和訓