丸山和訓 × Blog

丸山和訓のブログ

パワーヨガで男性性が過活発になる件

現代は運動不足。頭は常にインターネットにログインしているので、余計に足腰が停滞してくる。地に足の着かない暮らしになりがちだ。

パワー系ヨガ、アシュタンガヨガを選択する人が増えているのも、加えて言うなら筋トレがブームになっているのも、そういう背景があるのだと思う。現代において、こころとからだのバランスを取るための有効な手段なんだろう。

ただ、僕が習った先生が言っていたのは、「パワー系をやりすぎると男性性が過活発になるよ」ということ。たしかに、声も姿も男性っぽくなっているヨギーニが多いように感じる。立ち振る舞いは勇ましく、声は力強い。男性はさらに男性らしくなっている。

ここからは偏見なので申し訳ないのだが、逞しいワークに勤しむ方は、やや攻撃的で人に厳しいように思う。アシュタンガヨガのクラスの人とすれ違うことがあった(僕自身はやらない)が、人を寄せ付けないような雰囲気を感じた。

尊敬するヨギは、男性性と女性性のバランスが取れたような顔つきをしている。わかりやすく言えば、男っぽくも女っぽくも見える。力強さと柔らかさ(からだの柔軟性ではない)が共存している。そういうバランスを目指したい。

ここまで書いてきたが、僕は筋力が弱いので集中的な男性性へのアプローチが必要なのかもしれない。自分の性質の真逆にあるものを遠ざけることは、余計に偏ったバランスを生んでしまうのだろうな、と今まさに反省している次第でございます。

プライバシーポリシー
© 2014 - 2019 丸山和訓