丸山和訓 × Blog

丸山和訓のブログ

コンテンツに踊らされる個人

AI(人工知能)で人気記事が書けるようになるらしい。

世の中にウケるコンテンツは、もう人間が書く必要がなくなる。人の深層心理を巧みに揺さぶる記事が自動的に排出され、人間がそれを読んで喜怒哀楽する。そんな日が目前まできているのだ。

人気のあるコンテンツには、簡単な法則がある。敵と味方に分けて戦わせること、かわいい動物を載せること、弱者を救済するような立場をとること、既得権益を批判すること、意外と人間の心理というのはシンプルである。

アクセス数、視聴回数、リツイートの数、AIがそれらを分析して、僕らの喜怒哀楽をいままで以上に揺さぶってくる。

いま世の中で問題になっているのは、人気のあるコンテンツがすなわち「価値のある情報」とは限らないことである。どんなに視聴回数が増えても間違いは間違いであるし、どんなに共感を得ても共感だけでは誰も救われない。

一方、本当に価値のある情報が、それがどんなに真実を突いたものであっても、評価されずに眠ってしまうことがある。専門誌は売れず、週刊誌がバカ売れしてしまうような状況がインターネットでも起きているのだ。

発信者がウケの良いコンテンツを分析するのは、喜怒哀楽を揺さぶることだけを狙った週刊誌的な作業である。それがゴシップじゃないとしても、「ウケることを発信する」ことに力を注ぐという点では変わらない。

そのあたりは今後のAIにまかせよう。たとえウケなくても言わなきゃいけないことがある。人間がやるべきことは、そこだろ。そして、コンテンツを受け取る側は、単純な情報ばかりを浴びずに、わかりにくい情報にも意識的に触れていくことが大事だと思う。

コンテンツに踊らされずに、自分の人生の喜怒哀楽は、自分に由るものにしようではないか。

プライバシーポリシー
© 2014 - 2019 丸山和訓