丸山和訓 × Blog

丸山和訓のブログ

「心臓がドキドキする」隠れた原因

動悸や発作は、とても深刻な問題なのでもちろん病院で診てもらうのが先決だ。

ただ、それでもなかなかよくならず、漢方やツボ、食事療法に取り組んでいる人がいるのなら、からだのバランスを整えることも検討していただきたい。ゆがみや緊張が循環を滞らせ、回復しにくいからだになっていることもある。もちろん、それよりも回復するのは休息なので、休める人はとことん休むのが大前提。

心臓につながる神経は、脳からはじまり首、デコルテを通る。そのルートに骨格のゆがみ、筋膜のつっぱりがあれば、それが心臓のはたらきを制限している可能性がある。胸椎1、2番という、鎖骨のレベルあたりに位置する背骨が窮屈になっていることも多い。

僕の経験では、ストレスの問題も深く関係しているように思う。現在のストレスもそうだし、過去に蓄積したストレスも影響する。その場合は、ゆがみをとっていくというより、神経系を休ませるテクニックが有効だと考えている。

心臓は生命のポンプともいえ、それが弱っている人は総じて元気がない。変化させすぎると、クライアントさんの体力がついてこない。デリケートな問題でもあるので、術後の様子をみながら、頻度や変化量を調整させていくのがいいだろう。ある程度回復してきたら、ヨガや瞑想でのセルフヘルプを伝えていく。

プライバシーポリシー
© 2014 - 2019 丸山和訓